« 18、19日お越しのお客様へ。(大塚) | トップページ | 11月4日(松宮) »

2011年10月23日 (日)

アルゴライス!(浅野)

Photo_2

おとぎ夜話にご来場いただき、誠にありがとうございました。
お陰様で、今までのジャンベルの公演の中で、一番良かったとの声も頂き、じゃあ本公演の意味はなんなのだろう…と、若干の疑問も湧きつつも、大好評のうちに、無事、幕を下ろすことができました。

さて、公演も終わり、次の客演の稽古に移る前の、ただ一日だけのOFF日を利用して、続々おとぎ夜話に登場しました希船の名物料理「アルゴライス」を作ってみました。

まあ、この料理自体、今回の作品を書く上で、僕が勝手に創作したものでして、脚本に登場させる前に、自分で一度作って食したのですが、今回は、「お芝居が無事終わった記念」と言うことで、再度、作ってみました。

レシピを載せておきますので良ければぜひ…

(あ、ただし詳しい分量、調理方法などは、各自でご調整下さいませ。実は、料理も趣味でして、殆ど毎日、料理してるのですが、分量等は、いつも気にせず、流れでやってるもんで、詳しい分量は解らないんです。。。)

『アルゴライス』のレシピ

ライス
●お米を炊く時に、水の量を計って入れた後、スプーン一杯ほどのみりんを混ぜて炊く

◆タラモサラタのソース
①ジャガイモをゆでたものをつぶし、他の材料と混ぜ合わせる。

●ジャガイモ
●タラコ(辛子明太子)
●塩
●コショウ(たっぷりと)
●ライム
●しょうが
●玉ねぎみじん切り(水にさらして辛味を抜いたもの)
●バター
●牛乳
●ヨーグルト(もしくはサワークリーム)
●マヨネーズ
●はちみつ(本当にちょぴっとだけ)

◆ハンバーグ
①以下の材料を混ぜ合わせ、最初の1分は強火で焼き、表面が固まり始めたら、中火に切り替える。
②その後、ひっくり返し、超弱火で、中までじっくり火を通らせる。
③焼きあがる直前で、ナツメグとコショウを再度振りかけ、香りをつける

●牛豚合い挽き肉
●玉ねぎみじん切り
●小麦粉
●パン粉
●塩コショウ
●ナツメグ
●たまご一個
●パン粉
●小麦粉

◆飾りつけ
①皿に、ライスを盛り付け、その上にハンバーグを乗せて、タラモサラタのソースをたっぷりかける。
②ハンバーグを作る時に、パプリカ(ピーマン)を縦の細切りにしたものを一緒に炒めておき、それをアルゴ船に見立てて、飾る。
③パプリカに、爪楊枝で穴を開け、船の帆に見立てたスイートバジルを刺す
④最後に、コショウをふりかけ、ニンニクの香り付けをしたオリーブオイルを少量垂らして出来上がり。

« 18、19日お越しのお客様へ。(大塚) | トップページ | 11月4日(松宮) »

浅野泰徳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 18、19日お越しのお客様へ。(大塚) | トップページ | 11月4日(松宮) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ