« 初日幕開け。(浅野) | トップページ | 「悟らずの空」と「おとぎ夜話」伏線など(浅野) »

2011年2月14日 (月)

明日は最終日。(浅野)

あっと言う間に最終日です。

いやあ、今回は老体に鞭打ってるだけあって、正直、体がキツイ。

昔、藤波辰巳さんが40代になった頃、ファンに、朝の自分は見せられないと言っていたのを思い出します。

そう、そうなんです。朝がきつい。

本番中は、もう夢中でやってるから気がつかないんですが、翌日、覚えのない打ち身や捻挫に気づいたりしています。ま、大半が、殺陣ではなく、ギャグのリアクションで無理をした結果なのですが…

さてさて、明日は最終日と言う事もありますので、あえて、おとぎ夜話との関連ネタバレをいくつか単語で書いておきますね。(明日、来られる方は、ここから先は読まないよーに…)

●解りやすい点…サラスヴァティ(弁天)と幻の河、パイパイと猪八戒、流沙河と坊主殺し

●解り難い、いや、劇団員でも解らないだろう点…黄と猴、花果山、

以上です。ではでは、また…

« 初日幕開け。(浅野) | トップページ | 「悟らずの空」と「おとぎ夜話」伏線など(浅野) »

コメント

全公演終了、お疲れ様でした!

本日昼に伺いました。タナカです。最近の私もドラゴン藤波です。しかたあるまいのだ…

以下感想でござる。
まず、『愛とド迫力』が真っ向からぶん投げられて
気持ちのいい…
そう!
『気持ちいい舞台』だったのだ!!

愉快で、ワクワクして、次は何かを妄想させるシーンの数々は…
リアルタイムの マチャアキ西遊記をも飛び越えたようにも感じ、見ていて舞台に殴り込みたくなるほどでした。
いつもながらの飛び抜けた脚本力に心から感服致します。

西君ナイスファイ!
三蔵さまチームも バランスよいキャストで ちいさな掛け合いが楽しかった。沙悟浄がキリリと引き締め、猪八戒が浅野+西敏イズム炸裂させる様が傑作でした。

フクツ氏は白くて気持ち悪かった。しかし相変わらず、めたくそオモロかった!
今回はラストに絡んでこないキャストで少し残念だった

本田さん 大塚さんが モノ足りなさそうだった
顔に、モノ足りないよぅ
とかいてあった

野上クンがいつも以上にチャーミングであり、ウケた。癒やされるぞ。

塚本クンが、また まんまと男子になっていたが
本人は 普段もソッチ系なのかが若干気になる。

神田はいつも通りだったので、小さい声で、またかと言った。
少し飽きてきた。

最後に
まつかん&猪八戒&火炎大王& スイレンは、当然今回のMVPでした!
四人の演舞は 極上で、お客様に気持ちを伝えるコトを全力で実践してくれたはずです。
私の今の仕事をする上でも、大変勉強になりました。ありがとうございました。

なんだか 評論家みたくなって かたじけないが
皆の努力が手に取る様にわかったので 久々にお手紙を書かせて頂きました。

次回公演を楽しみに季節を過ごすと共に、劇団員皆の大活躍を心からお祈り申し上げ候う。

ちなみに…
ついDVDを買ってしまうまではよいとして
タオルまで勢い余って買う自分が、なんだかダサい気がした。

今回もありがとうございました♪

確かに物足りないような気もしますが、これだけ人数が
出演してますしf^^;本当は削った設定もあるんですけど
削らないと二時間をゆうに越える作品になりかねなかったので(笑)

また次回公演でお会い出来るのを楽しみにしています☆

素敵な感想ありがとう!

いや、脚本はね、今回は、ちょい冒険でした。
批判の嵐かも…と思ってました。
だっていつもと違うテイストで書いたから…

15周年の締めくくりってのもあって、あえていつも通りの作風で行くべきか、いや、15周年と言う節目だからこそ、違うテイストで行くべきか…と、書く前の構成段階から、えらい悩み…

結局、いつもと違う、派手目なストーリーで構成しました。

お客様の反応は、予想通り、「いつもと違う」と言う意見もありながらも、「今回が一番良かった」との声も頂き、とりあえずは、ホッと胸を撫で下ろしております。

ちなみに、「今回が一番いい」この声を聞く事が、今の僕の一番の目的であり、課題であり、喜びでもあります。

だって何作も見てたら、やっぱり飽きるだろうし、似たような話ばっかだと、感動もなくなると思うから。。。

だから、パターンを替え、視点を変え、知識や経験を増やして、「今回が一番いい!」って言葉を頂戴したく思います。

だから…

これからも、僕は、全てのものをちゃんと見ようと思います。ちゃんと見て、ちゃんと聞いて、そしてその全てに心を動かし、笑ったり、泣いたり、怒ったり、そして愁いて…それでも、ただひたすら真っ直ぐに、「今回が一番いい!」だけを目指したいと思います。(by三蔵のラスト台詞より)

何はともあれ「悟らずの空」これにて無事終了。

ではでは、カンチョ君。
またいつか、どこかの悟らずの空の下で逢おう!

うぅぅ…。
力不足至極でごめんなさい…。

役割だったとはいえ、とても悔しいッス。
じ、次回は、次回こそは違うワタシをお届けいたしますので〜!!

今更ながらではございますが、ジャンベル西遊記、熱演お疲れ様でした!

今回も愉しませて頂きました。

そして、これも今更で恐縮ですが、当日書けなかったアンケート用紙を本多君に託しましたので、会合の折にでもお読み頂ければ…
客演の皆様方には間に合わず申し訳のない次第ですがm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初日幕開け。(浅野) | トップページ | 「悟らずの空」と「おとぎ夜話」伏線など(浅野) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ