« 続・おとぎ夜話。 (大塚大作) | トップページ | 松宮かんな 客演情報 (松宮) »

2010年4月22日 (木)

続・おとぎ夜話、無事終演いたしました

いやーなんとか終わりました。

ご来場頂きました皆様、本当に、本当にありがとうございました。

千秋楽は、予想外にも、当日券でお並び頂いたお客様が、20名以上もいらっしゃって頂き、なかなかに、ぎゅうぎゅうの公演となってしまいました。

劇団にとっては、すごく嬉しく、ありがたいことなんですが、お客様にとっては、大変、狭くて窮屈な思いをさせてしまったのではないかと…劇団員一同、内心、ちょっと心を痛めてもおりまして…

劇場ではなく、あくまでもギャラリーでの公演と言うことで、どうぞご容赦くださいませ…


さて、公演も無事終わった事ですし、ここで、今回の公演の隠し要素を一つ、紹介させて頂きたいと思います。

今回、DMはがき、それに当日パンフの前面に使用されていたデザインなんですが、あれ、一見、ただの何でもないデザインのように見えて、実は意味があるんですねえ。

あのデザイン、実は、今回の物語の中で、重要な意味を成す、「すみ」と読める漢字を崩したデザインなんです。
順にご紹介いたしますと…

●住…「住」田古書店。
●棲…住田古書店にネズミが「棲」みついた事で、物語が展開。 ねずみの語源の一つ、『根「棲」み』(ちなみにこの場合の「根」は暗き場所や、あの世の事(根の国)などを表してます)
●墨…大黒地蔵の別名、お「墨」地蔵。平癒祈願に、大黒地蔵に「炭」を塗る
●炭…落ち武者が焼けて「炭」になる。平癒祈願に、大黒地蔵に「炭」を塗る
●隅…諸子が大好き「隅」っこ
●澄…大黒さんと呼ばれた山田「澄」江さん。そして全ての謎が解け、最後、物語が全て「澄」む

と…

以上です。

まあ、あくまでも裏設定ですので、知ってたから、ストーリーが変わって見えるって事は無いのですが、ちょっとした裏情報と言うことで…

« 続・おとぎ夜話。 (大塚大作) | トップページ | 松宮かんな 客演情報 (松宮) »

浅野泰徳」カテゴリの記事

コメント

なるほど!


(ツッコミ待ち)

ひとことかい!

…どーつっこんだらいいんだ。
難しいじゃないか。

「おとぎ夜話」お疲れ様でしたm(_ _)m


あの印章群の存在が
   話作りが動かしたのか…

はたまた逆に
   生みの苦しみと枷になったか…


いずれにせよ、

例の“本”ともども、

自分が作ったものに、物語の一部としての命を吹き込んで頂いた…
本当に感無量です。


ありがとうございました(^人^)


「角(すみ)」を入れていたら鬼でも出てきましたかねぇw

お邪魔いたしました。

>久屋様

急なお願い、無理難題を聞いていただき、ありがとうございました。<(_ _)>

浅野の伝える曖昧な雰囲気(笑)を形にすることは、簡単ではありませんが、よくぞ汲み取って、描いてくださいました。(^-^)

日本語の面白さを感じられる公演をまたやりたいと思います。

今後ともよろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・おとぎ夜話。 (大塚大作) | トップページ | 松宮かんな 客演情報 (松宮) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ