« おとぎ夜話③ (大塚) | トップページ | ☆おとぎ夜話☆ (大塚) »

2008年10月16日 (木)

本番一日目終了(浅野)

おとぎ夜話、本番初日が開けました。いやああああ、相変わらずのばたばたの初日。いや、相変わらずと言うか、久しぶりのえらい大変な劇場入りだった。

なぜなら。
今回は、芝居に必要な裏方仕事(音響さんとか、舞台監督さんとかのお仕事)を全て、専門のスタッフさん達をお呼びせずに、劇団員でまかなったからなんですねえ。

例えば、いつもは音響さんにお任せっきりの音のレベルチェックとか、舞台設置の指示などを、久しぶりにしなければならず、時間の無さにひいひい言いながらも、「ああ…劇団創設当時は、こうだったよなあ、こんな事も、全て自分たちだけでやってたんだ…」などと、しばし、懐古の情にとらわれたりもしました。

あ、あとそれとは関係ないんですが、DMの絵。あれ、実は僕が書いたんです。

まあ、なんでそう言う事になったかと言いますと、

制作「浅野さん、チラシ絵どうします?」

浅野「誰か、劇団員に書か
せればいいんじゃない」

制作「誰が一番絵上手いですかねえ」

劇団員A「浅野さんですよ」

劇団員B「そうだ浅野さんだ!」

劇団員全員「この中で、浅野さんが一番絵が上手い!」

浅野「悪い気はしない。よし、いいだろう、僕が一つ、君たちのために魂込めて書いてやろう!!」
制作「じゃお願いします」

と言う事で、みんなにまんまとハメられ…あ、いや、書かせて貰える事になったと言う次第だ。

しかし引き受けてはみたものの、台本も2週間足らずで上げなければならず…ま、まあ、脚本自体は結局3週間近くももかかってしまったのだが…

とにかく、何故、あの大変な時期に、あんなに気軽に引き受けてしまったのか、しばし自分の頭の構造を疑う日々が続いた。

しかし!絵の出来映えには満足している。実にいい物が出来たんじゃなかろうか。
おっと何も言うな、解ってる、解ってるから何も言わないでくれ。言うほど上手くないとか、センスが無いとか、口が裂けても言ってはいけない。

だって僕は褒められないと衰弱する人間だから。

さ、そんな事はさておき、今日は二日目、ひとつ頑張っていこう。


あ、そうだ、あともう一つだけ。

今回は、いつもの劇場での公演に比べると、少々狭いギャラリーでの公演ですので、そして、ありがたいことに、僕らの予想を遙かに越えて、お客さんが来て下さる事になったため、急遽、イス席だけでなく、桟敷席も御用意させて頂いております。もし、イス席がいい!と言うお客様がいらっしゃれば、どうぞいつもより少しだけお早めにいらして、イス席を確保して下さいませ。

それでは後ほど、劇場にて。

« おとぎ夜話③ (大塚) | トップページ | ☆おとぎ夜話☆ (大塚) »

浅野泰徳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おとぎ夜話③ (大塚) | トップページ | ☆おとぎ夜話☆ (大塚) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ